引っ越し 県内 手続き

同一県内での引っ越しで必要な手続きとは?!

同一県内での引っ越しで必要な手続きとは?! お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

同一県内に引っ越しでも引っ越しに伴う手続きはいくつかあります。
ここでは県内の引っ越しで行う手続きに関して説明していきましょう。

 

同一県内での引っ越しでも転出届、転入届の必要がある

同一市内であれば引っ越しの際に転居届というものを提出するので
転出届、転入届というものは必要ありません。
しかし県内の移動で現在住んでいる市区町村とは
別の市区町村に引っ越しする場合には、
現在住んでいる市区町村で転出届というものを
提出する手続きが必要になります。

 

転出届の届出場所は市区町村の役所や市民センター、行政サービスセンターになります。

届出期間は引っ越しする日まで14日前くらいから手続きをすることができます。

転出届に必要なものは転出届、転出証明書、届出人の印鑑、
国民年金手帳、国民健康保険証などです。
そのほか在学証明書や介護保険証、各種医療証などが必要になるケースもあります。

 

転入届に関する手続きとは?

転出届を手続きした後は、引っ越しした先の市区町村の役所などに
転入届を提出する必要があります。
転入届は現在住んでいる市区町村とは
別の市区町村に引っ越しする場合に、引っ越し先の市区町村に
必ず提出しなければなりません。

 

手続きに必要なものとしては転入届、転出証明証、届出人の身分証明書、
届出人の印鑑、国民年金手帳、国民健康保険証、住民基本台帳カードなどです。

転入届は新しい住所に住み始めた日から14日以内に手続きをする必要があります。

同一県内での引っ越しで必要な手続きとは?! お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

同一市内での引っ越しであれば転居届の提出手続きが必要になる

転居届は現在住んでいる市区町村と同じ市区町村に引っ越しをする場合に、
その市区町村に提出する書類のことであり
届出場所は市区町村の役所や市民センター、行政サービスセンターになります。
必要な書類は転居届、身分証明書、印鑑、年金手帳などになります。

 

運転免許証の変更

県外から引っ越ししてきた場合は免許証自体が新しくなりますが、
県内での引っ越しの場合は、免許証はそのままで裏書きされる形になります。
運転免許証の変更は免許センター及び、
最寄の警察署でも行うことができます。

 

公立小学校、中学校の手続きについて

同一県内での引っ越しでは子供がいる場合、
公立小学校や中学校に関する手続きも必要になります。
転入手続きする場合には、転入学通知書が交付されます。
転校先の学校に在学証明証、教科書給与証明証、
転入学通知書を提出することで転校手続きが完了します。

 

同一県内での引っ越しで必要な手続きとは?! お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。