引越し 単身 県内

同一県内の単身引越しについて

同一県内の単身引越しについて お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

単身者の引越しはそれほど料金もかからないので
大丈夫だろうと安心していてはいけません。

 

特に同一県内での引越しの場合は引越しする移動距離もそれほどないので
価格は高くならないだろうと考えてしまいます。
しかし同一県内の単身引越しでも引越し時期や業者によって
料金が高くなってしまうケースもありますし、
逆に安いプランや業者を賢く選べばかなりお得に引越しをすることができるでしょう。
ここでは同一県内での単身引越しを安くする方法について考えてみましょう。

 

どの引越し業者で単身引越しを行っているのかリサーチしよう

引越しプランの中には単身者専用のプランというものが存在します。
単身者専用のプランは単身パックともいわれており、
単身者のように荷物がすくない人向けのプランになっています。

 

一方引越し業者によって通常のトラックチャーター便で
単身用の荷物を運ぶケースもあります。

どの引越しプランが単身者の県内引越しには
お得なのかを見積もりを請求して比較してみるとよいでしょう。

単身パックは同一県内の近距離移動におすすめのプラン

できるだけ引越し費用を安くしたいのであれば単身パックがやはりおすすめです。
単身パックは同一県内の移動など近距離引越しに対応した引越しプラン。
値段的にも安いプランであれば1万円台での引越しも可能になっていますよ。

 

単身パックは専用のボックスに入るだけの荷物を詰め込みます。
荷物を詰め込んだら専用のボックスを作業スタッフがトラックに運び、
他の荷物と一緒に混載便として輸送してくれます。
配達日の日時指定もすることができますので
宅急便感覚で引越しをすることができるでしょう。

 

またベッドや冷蔵庫などの大型の家具や家電がある場合には、
追加料金を支払えば別途輸送してくれます。

 

ただベッドやタンスなど大型の荷物が多い場合は
追加料金がどんどん必要になってしまうため、
せっかくの安い単身パックを利用したとしても意味がなくなってしまいます。

 

料金を安くしたいのであればできるだけ単身パックに
入るだけの荷物におさめる必要があるでしょう。

新生活を始める新社会人や新学生、
新居先で家電や家具をそろえる単身者などにおすすめのプランと言えますね。

 

同一県内の単身引越しについて お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

どの業者が単身パックを行っているの?

どこの業者でお得な単身パックをしているのでしょうか?

最近では単身者の引越し数が増えたため、運送業者や引越し業者など
たくさんの業者で単身パックのプランが設定されています。

例えばクロネコヤマトであれば、押し入れ1段分の専用ボックスを使用して輸送します。
押入れ一段分のボックスでミカン箱であれば66箱入ります。
また同一市内であれば関東圏内で17850円、その他の地域で14700円の料金になります。
この金額を見れば分かりますが、かなりリーズナブルな価格で引越しをすることができますね。

 

佐川急便では単身パックとして間取りに合わせた料金設定が特徴になっています。
ワンルームに住んでいた場合にはワンルーム分の荷物を積むことができるでしょう。

関東圏内であれが21000円、その他の地域では17850円になります。

 

日本通運では単身パックのサイズが豊富なのが特徴。
Sタイプ、Lタイプ、Xタイプがあります。
Xタイプは長距離引越し用のプランになりますので、
同一県内など近距離に引越しの場合はSタイプかLタイプがおすすめです。
特に同一県内の単身パックではLパック18900円が人気を集めています。

また申し込みをインターネットで行えばインターネット割引などもありますので、
さらにお安く引越しをすることができるでしょう。

同一県内の単身引越しを安くするためには?

同一県内の単身引越しを安くするためにはまずは見積もりを請求してみましょう。
1社1社に個別で見積もりを請求していては大変ですので
無料見積もり一括請求サイトを利用するとよいでしょう。

無料見積もり一括請求サイトでは1回の請求で
最大10社からの見積もりを請求することができます。

 

見積もりを比較するとどのような特典が付いていて、
どのくらい業者によって費用に差があるのかがすぐに分かります。
見積もりは最低でも10社程度は請求した方がよいでしょう。
10社に見積もりをチェックすればだいたいの費用相場も分かります。

 

その中から安い見積もりを提示した業者を3〜4社ほどピックアップします。
ピックアップした業者に相見積もりを取らせるために
訪問査定を依頼しましょう。
訪問査定はできるだけ同じ日、同じ時間帯に指定しておくことで、
価格交渉をしやすくなります。
価格交渉をする時には最安値を提示した引越し業者の金額を提示して
これより低くなるかどうかを交渉すればOKです。

 

また同一県内の単身引越しでも3〜4月の引越しハイシーズン時期の場合は
費用が割高になってしまいます。
時期を避けることができるのであれば引越しハイシーズンは避けて、
引越しオフシーズンに行ったり、週末ではなく平日に変更したりするのもよいでしょう。

また時間帯を変えて価格を安くしてもらうのも1つの手です。

 

同一県内の単身引越しについて お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。